理学療法士基礎教育研修会について

 

 どのような技術があれば、正しく患者さんを評価、治療できるのか。障害像について理学療法士としての考えを、医師にどのように説明すればいいのか。

 

 例えば、関節可動域制限があるとき、理学療法士は、その制限因子が、関節アライメントの問題なのか、筋の粘弾性なのか、筋収縮なのか、皮膚の可動性なのか、軟部組織の癒着なのか、などを判定し、医師と連携することが求められます。

 

 このとき重要になるのは、特別な技術ではなく、ROM運動技術と、用手接触技術です。

 

 しかし、ほとんどのセラピストは、学校で習ったROM運動技術を正しくできていないため、患者さんの評価を誤り、治療技術も不適切になっています。

 

 理学療法士が、ROM運動技術のような基礎となる技術をしっかり練習し、(関節、軟部組織、モーターコントロールなど)理学療法士が診れる専門領域を確立することが、この領域の問題を抱えている多くの患者さんや、延いては医学や医療社会の発展のためには、急務であります。

 

 本研修会では、理学療法士の基礎的な技術である『触る(用手接触技術)』と『動かす(関節運動技術)』の実技練習を中心に企画しており、参加者全員が講師による技術を体験していただくとともに、スピーディに技術を習得できるように、効率的な練習方法を提示しております。

 

 実際に、これまでの参加者の全員が、研修時間中にスキルの向上を実感しておられます。

 

 「参加者の声」にもあるように、参加者の方々からは、私たちが企画段階に予想した以上の好評をいただいております。

 

 

 この機会に、新人~若手理学療法士の方々はもちろん、中堅理学療法士の方々におかれましても、ぜひ本研修会をご利用ください。

 

ブログ始めました!!

当研修会の知識、技術の臨床応用を、

ブログにて紹介しています。こちら

 

にほんブログ村 理学療法士・作業療法士人気ランキングで1位になりました。!!